赤坂に7月3日、たこ焼き屋「銀座ふくよし」(港区赤坂6、TEL 03-5561-8688)がオープンした。(赤坂経済新聞)

 ソースなどをかけずにそのまま味わうたこ焼き「そのまんま」

 1号店を銀座に構える同店。店長の伊与部健一さんは「店舗展開を考える中で、ビジネスマンが多く銀座と客層も似ているため、2号店として赤坂に店を構えた」と話す。

 同店では大阪風に仕上げたというたこ焼きのほか、オリジナルで考案したメニューを用意。「特にたこ焼きは、外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴」と伊与部さん。

 たこ焼きのメニューは、カツオのだしを使い、ソースなどをつけずに焼き上がった状態のまま味わう「そのまんま」(550円)のほか、「ねぎぽん」(600円)、オリジナルメニューの「タバモッツァ」、「ねぎ塩ダレ」、「牛すじ焼き」(以上650円=すべて8個入り)などがある。関西風のいなり寿司「こいなり(11個入り)」(1,000円)や「焼きそば」(580円)などの一品料理も用意する。アルコールは、生ビール(550円)やハイボール、チューハイ(以上480円)などを揃える。17時〜19時は、「生ビール+たこ焼き4個」(650円)のセットメニューを提供するハッピーアワーも設ける。

 「たこ焼きと『こいなり』をメインにした『飲めるたこ焼き屋』としてオープンした。サラリーマンやOLはもちろん、家族連れやカップルなど、赤坂で働く人も地元の人もどんな人もきっと楽しんでもらえる」と伊与部さん。「焼き上げるまでに15分ほどお時間をいただくこともあるので、電話での事前予約も受け付けている。できたて熱々のたこ焼きをぜひ召し上がってほしい」とも。

 営業時間は、月曜〜金曜=14時〜23時。土曜・祝日=14時〜22時。