赤坂のバル「東京オーブン」(港区赤坂3、TEL 050-2018-1318)が、オープンから1カ月を迎える。(赤坂経済新聞)

 同店で提供するモーニングメニュー「オムレツ&フレンチトースト」

 オープン日は7月1日。40〜50代のビジネスマンをターゲットに2012年に神田に1号店をオープンし、赤坂店は3店舗目の出店となる。同社社長の渡邉真祐さんは「地方の生産者と東京の消費者の架け橋になりたいという思いから、メニューには全国各地の食材を使う。東日本大震災の復興支援の目的で、岩手県産の牡蠣などの食材や、南部鉄器なども活用している」と話す。

 提供するメニューは、岩手県産の清流若どりを南部鉄器で蒸した「清流若どりのロースト」(1羽=1,980円)や、宮崎県産の豚肉を使用した「まるみ豚ポークチョップ」(1,480円)などを用意。アルコールは、白ワインやスパークリングなどを用意するほか、全国からクラフトビールを取り寄せた。

 またモーニングには「オムレツ&フレンチトースト」や「アサイーボール」(以上1,620円)、ランチには「宮崎まるみ豚の厚切りステーキ」(910円)や「自家製手捏ねハンバーグ」、「とろっとろ十勝ハーブ牛カレー」(810円)を提供する。

 渡邉さんは「地方の食材だけでなく、東京産の新鮮な『東京野菜』も使っているので、ワインやクラフトビールと一緒にぜひ味わってほしい。独自のオーブン料理を楽しんでいただきたい」と話す。

 営業時間は、平日=7時〜10時、11時30分〜14時、17時〜22時。土曜=7時〜10時、16時〜22時。日曜=7時〜10時。