沖縄県産のブランド豚などを使う専門店「沖縄あぐー豚しゃぶしゃぶ 美豚(びとん)」(秋田市山王2、TEL 018-853-8066)が7月19日、オープンした。(秋田経済新聞)

 秋田市山王にオープンしたしゃぶしゃぶ専門店「美豚」店内(関連画像)

 沖縄県産の「あぐー豚」のうちパイナップルが原料の飼料で育てた「あぐー豚パイナップルポーク」と、秋田のブランド豚「八幡平ポーク」をしゃぶしゃぶなどのメニューに使う。三枚肉ともも肉から選ぶことができる(2,800円〜3,400円)。野菜は秋田県産をメインに使い、締めには雑炊と沖縄そばを用意する。

 同ブランド豚を使った「シューマイ」(800円)や、「じーまーみー豆腐」(600円)、秋田県地方の郷土漬物「いぶりがっこ」(600円)などの一品料理も用意する。

 同店スタッフは「沖縄で、ブランド豚の仕入れやしゃぶしゃぶの仕込みについて学んだ。秋田ではあまり味わう機会のないパイナップルポークを、秋田の食材と併せて皆さんに味わっていただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間はランチ=11時〜14時、ディナー=17時〜23時。第2、4日曜定休。