動物由来の成分などを含まない「サムライラーメン」が8月3日〜6日、トラパンツ(秋田市旭北栄町)前の特設屋台で販売される。(秋田経済新聞)

 マレーシアなどに直営店を展開する「サムライラーメン」

 菜食主義者や宗教上の理由などから、一般的なラーメンを食べられない消費者向けに、動物由来の原料やアルコールなどを使わない同商品。「誰もが食べられるラーメン」をコンセプトに、「Funfair」(東京都世田谷)がマレーシアなどに直営店を展開する。秋田市のサーバー会社「エスツー」(中通2)が販売を担う。

 秋田市内では、海外からの観光客の多い「竿燈(かんとう)祭り」に合わせて英語の堪能なスタッフをそろえ、「グローバル屋台」と銘打ち初めて販売する。

 「あぶりチャーシュー」(200円)のトッピングも用意するほか、家庭調理用のパッケージ商品2種(500円、900円)も販売する。

 価格は500円。営業時間は17時〜22時。