小学生向けのスポーツイベント「キッズスポーツキャンプ」が8月1日〜4日、守山パーク(守山市水保町)で開催される。主催はSGホールディングス(京都市南区)。(びわ湖大津経済新聞)

 昨年の参加者。さまざまなスポーツを体験して体を動かす楽しさやチームワーク、ルールを守ることを学んだ

 オリンピックメダリストの有森裕子さんや女子ソフトボール日本代表監督の宇津木妙子さん、サッカー元日本代表でなでしこジャパンのコーチも務めた望月聡さんなどを講師に迎え、3泊4日でダンス、ソフトボール、和太鼓、サッカー、シッティングバレーボール、陸上の6つのスポーツを体験する。

 キャンプナビゲーターの有森裕子さんは「自分の経験から、スポーツを通じて人は変わっていけると信じている。競争、ルール、チームワークなどスポーツの持つ特性を生かしながら、一人でも多くの子どもたちの可能性を引き出し、新たなチャレンジへのエネルギーに変えていきたい。今は大河の一滴でも、いずれは大きな海になるという思いを持って、地道に活動を続けていきたい」と話す。

  対象は小学1年生〜6年生男女。定員は64人(事前公募)。申し込み方法などはホームページで確認できる。