草津総合病院(草津市矢橋)で7月29日、子どもたちへ医療の仕事を紹介する「サマーフェスティバル2017」が開催される。(びわ湖大津経済新聞)

 草津総合病院サマーフェスティバル2017

 子どもたちに医療現場での医療体験や見学を通して人の命を守る医療という仕事に少しでも興味を持ってもらうことを目的に2015年より実施しているイベント。スタンプラリーで院内を巡るツアーのほか、腹腔鏡下手術、薬剤師、歯医者、臨床工学技士などの医療系職業体験ができる。

 同病院総務課・藤本路子さんは「昨年は多くの親子さんに参加してもらった。実際の医療現場で職業体験をすることで、医療の仕事を身近に感じてもらい、将来、医療系の職種を目指すお子さんが増えてくれたら」と話す。
 
 同フェスティバルでは、ドクター・ナースなりきり撮影会、コンサート、魚釣り、わなげ、うちわ作りなどのワークショップ、飲食物の販売など親子で楽しめる企画も盛り込む。

 会場は1階エントランスホール・2階。開催時間は14時〜17時。入場無料・駐車場無料。