調布・京王閣前の多摩川河川敷で7月24日、東京2020公認プログラム「調布サマーフェスティバル2017〜東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催3年前イベント〜」が開催される。(調布経済新聞)

 同フェスティバルは、3年後に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、調布市で行われる競技種目を中心に、体験イベントを企画。フェンシング、近代五種競技(エアガンによる的当て)、自転車競技(おもしろ自転車、ワットバイク)などのオリンピック競技の体験やディスケッターナイン・メリーゴーランドなどのアトラクションを用意するほか、各競技を体験してスタンプを集めると東京2020大会グッズのプレゼントも企画する。

 会場では、マレーシアの留学生による「マレーシア太鼓『コンパン』」の演奏や太鼓のワークショップを用意するほか、東京2020大会を詳しく知ることができる「PRブース」も用意。さらに、同フェスのフィナーレでは、約1分間、約80発の花火の打ち上げも予定する。

 開催時間は、スポーツ体験・国際交流イベント=16時〜19時15分、花火打ち上げ=19時25分。雨天中止。入場無料。