京王線飛田給駅前に6月26日、Cafe&Bar「GOOD DREAMS(グッドドリームス)」(調布市飛田給1)がオープンした。(調布経済新聞)

 店主の弓野さん(右)とスタッフ

 店長の弓野哲昌さんは、都内で3年ほどバーに勤めた後に独立。2014年、飛田給にバー「SET YOU FREE(セットユーフリー)」(飛田給1)を開店した。大人の隠れ家的バーを経営するうち、地元である同地をもっとにぎやかで若者が集う場所にしたいと思い始め、2店舗目となる同店をオープン。駅周辺や地域の発展を考え、「若者が働きやすく、集まって気軽に飲める店を目指したい」と話す。

 ブルックリン風のカフェをイメージした店内は、2階と3階を合わせ約11坪。席数は25席を用意する。駅前の立地を生かし、本店の地元常連客のほかFC東京サポーターやSNS世代の若者など、新しい客層をターゲットにする。

 看板メニューは、ポテトを土台にさまざまな具材やソースをのせた創作料理「ポテトフィールド」(580円)。ゴロッとした肉をソースにした「ミートフィールド」やスパイシーなグリーンカレーの「グリーンフィールド」、夏季限定の冷製「カラフルフィールド」など、5種類を用意する。このほか、竜のヒゲをイメージした「ドラゴンフライドポテト」(500円)、ブラジリアンソーセージ「ぐるぐるソーセージ」(850円)、「自家製ピクルス」(600円)などがメニューに並ぶ。ランチタイムには、「ポテトフィールド」をメインにしたランチセット(750円〜)も提供する。

 ドリンクメニューは、7種類のクラフトビール(600円〜)やワイン(500円〜)のほか、「TAPIOCOCKTAIL(タピオカクテル)」と名付けたオリジナルカクテルを売りにする。ストロベリータピオカ+ジン+ライム+トニックの「LILY(リリィ)」(750円)、マンゴータピオカ+グリーンバナナ+パインの「DANDELION(ダンデライオン)」(750円)など、色鮮やかなカクテルを用意。ソフトドリンクは、コーヒー(450円)、ジュース各種(400円)をはじめ、タピオカを選びミルクやジンジャーエール、フルーツジュースなどで割る「タピオカドリンク」(550円)も提供する。
 
 弓野さんは「飛田給に足りないと思っていた店を開店できた。コーヒー、タピオカドリンク、クラフトビールやオリジナルフード『ポテトフィールド』など色とりどりのメニューで、ランチからビール1杯まで、気軽に立ち寄ってくださるのを待っている。新しいコミュニティーの場として、地域を盛り上げていければ」と話す。

 営業時間は11時〜翌3時(金曜・土曜は翌7時、日曜は24時まで)。全席禁煙。