調布市民プラザあくろす・ホール2(調布市国領町2)で8月26日、「オリジナルジグソーパズルの日2017」特別イベント「夏休み最後のチャレンジ!第1回パズル早組大会」が開催される。(調布経済新聞)

 シャフトが制作するオリジナルジグソーパズル

 オリジナルジグソーパズルをメインに、オリジナルの時計やマグカップなどの制作販売を行う「シャフト」(国領町4)が「826(ぱずる)」の語呂合わせで8月26日を「オリジナルジグソーパズルの日」として日本記念日協会に申請。今年7月、正式に記念日として認定を受けた。

 「オリジナルジグソーパズルの日」に企画する同イベントは、同市内の小学生を対象に「地図」を題材にしたオリジナルパズルの早組競争。学年ごとに一番早く組み立てられた児童を表彰するほか、大会最速組立者には、Lサイズのオリジナルジグソーパズルが授与される。

 同社は、イベントに合わせて調布市の地図パズル「調布パズル」を作成。4地区に色分けし、町名ごとにも微妙に色を変えた地図に、調布八景や観光地などを写真付きで盛り込んだ。地元をよく知ることで地元愛を深めてもらいたいとの期待を込め、イベント参加者全員に進呈するという。

 同社社長の清水健太郎さんは「弊社のオリジナルジグソーパズルを使い、地元調布市の子どもたちの勉強になり、かつご両親にも喜んでいただけるような無料イベントの開催を1年ほど前からずっと考えていた。本イベントが、市内の小学生と親御さんに有益なものとなり、調布市の理解を促進する一助となることができれば幸い」と話す。

 開催時間は12時30分〜13時30分。要事前申込み。各学年定員6人(先着順)。参加無料。