サッポロライオン(渋谷区)は創業118周年を迎える8月4日、同社の旗艦店である「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」など173店舗で、「8月4日はビヤホールの日。」をキャッチフレーズに、生ビール全品を半額で提供する。(銀座経済新聞)

 日本初のビヤホール「恵比壽(えびす)ビヤホール」が現在の銀座8丁目に開店した1899(明治32)年8月4日が同社の創業日。

 当日は「サッポロ生ビール 黒ラベル」をはじめ、「ヱビス生ビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)」「琥珀(こはく)ヱビス」「ヱビス スタウト クリーミートップ」「白穂乃香」「エーデルピルス」など、たる生ビール全種類が半額サービスの対象となる。

 同社広報担当の青山佳子さんは「今年の『ビヤホールの日』は金曜日に当たることもあり、たくさんの方のご来場を期待している。毎年恒例の大きなイベントなので、この記念日に生ビールを楽しんでいただければ」と話す。

 銀座七丁目店の営業時間は11時30分〜23時。