コンピューターゲーム競技大会「第1回八食パワーズカップ e-SPORTS大会」が1月26日、八食センター・厨ホール(八戸市河原木)で開かれた。(八戸経済新聞)

 大会は八食センター・DCMサンワ八食店・伊吉書院西店・サトーメガネ八戸八食店・冨士見総業八食店で組織する八食パワーズ連絡協議会が主催。2019年秋の「いきいき茨城ゆめ国体」で文化プログラムの一環として競技が行われるなど、近年注目が集まるe-SPORTSの普及と振興、にぎわいの創出などを目的として初めて行われた。

 今回使用したゲームは人気格闘ゲームの「鉄拳7」。八戸市や三八地区、青森市などからエントリーした全16人の選手たちが4人ずつ4つのグループに分かれて予選リーグを戦い、各リーグから1人が3セット先取制の決勝トーメントに進出。決勝戦はフルセットまでもつれる熱戦となり、会場からは素早い攻防に大きな歓声が何度も上がった。

 激戦の結果、青森市から参加の「れおぱぱ」さんが初代王者の座を獲得した。予選と決勝のインターバルでは八戸を拠点に活動するアイドルグループ「シンデレラマジックEAST」がライブを行い、表彰式でのプレゼンターも務め、大会に華を添えていた。

 優勝した「れおぱぱ」さんは「優勝できてホッとしている。このゲームはキャラクターもかっこよく、グラフィックが奇麗で、見る人にも新鮮だと思う。e-SPORTSはとても注目されているのでこの大会をきっかけに青森県内でも浸透してほしい」と話す。