ぴあ(東京都渋谷区)は7月20日、みなとみらい21地区に収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設することを発表した。開業予定は2020年春。(ヨコハマ経済新聞)

 建設予定地

 新アリーナは横浜銀行本店に隣接するみなとみらい38街区(横浜市西区みなとみらい3)に建設。三菱地所(東京都千代田区)から土地を借り受け、ぴあが運営・管理を担う。民間企業の単独主導による1万人規模のアリーナ建設と運営は国内初だという。

 敷地面積は1万2,000平方メートル、建物は地下1階・地上4階、延床面積は約2万1,000平方メートルを予定。東京五輪を控えて深刻化しているホール・会場不足の解決への貢献を目指す。

 ライブ・エンタテインメント市場規模は、ここ5年で約2倍に成長。同社は「コンサートを見る側と演じる側双方にとって環境や使い勝手を最適化した新しいタイプの音楽アリーナを目指す」という。周辺の集客施設やエンターテインメント関連企業、横浜市とも連携し、横浜・みなとみらい地区のさらなる活性化に貢献したいとしている。

 用途は音楽コンサートを中心にするが、公演のジャンルは限定しない。