セブン‐イレブン・ジャパン(東京都)と横浜市は8月4日、関外地区のセブン‐イレブン2店舗に、コンビニでは初となるシェアサイクル「ベイバイク」のポート(貸出返却拠点)を設置した。(ヨコハマ経済新聞)

 設置店舗と台数は「横浜弥生町3丁目店」(3台)と「横浜不老町 1丁目店」(8台)で、今回の設置によりベイバイクのポートは52カ所(うち関外地区では7カ所)となる。

 セブン‐イレブンは、横浜都心部に多数の店舗を展開しており、この連携により、これまで以上に「近くて便利」な場所でベイバイクを利用できるようになる。

 ベイバイクは横浜市とドコモ・バイクシェアの協働事業で、自転車数は約400台。会員の累計登録者数は約56,000人(2017年3月末) 。今年で3年目となり、2016年度の平均利用回数は1日あたり約609回。登録料金は無料で、利用料金は、30分162円〜。どこのポートでも借りて、乗って、返却することができる。

 横浜市とセブン&アイグループ3社(セブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武)は2012年6月に、地産地消や食育、観光振興・文化振興、地域環境の保全などの7分野において「地域活性化包括連携協定」を締結している。

 横浜市都市整備局都市交通経営課の栢沼伸茂担当課長は「コンビニへポートを設置することにより、これまで以上に近くて便利な場所でベイバイクをご利用いただけるものと期待している。今後も、セブンイレブンと連携して設置可能な店舗を検討し、更なる利便性・回遊性の向上に努めていきたい」と話している。

 また、現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2017」(会期:8月4日〜11月5日まで)開催に伴い、横浜美術館(西区みなとみらい3)、黄金町エリアマネジメントセンター(中区日ノ出町2)、BankART Studio NYK(中区海岸通3)の3カ所の臨時ポートでも貸し出しを行っている。