横浜美術館前のグランモール公園 美術の広場(横浜市西区みなとみらい3)で12月23日、冬のキャンドルイベント「西区キャンドルアート2017」が開催される。(ヨコハマ経済新聞)

 2008年に横浜開港150周年事業のプレイベントとしてはじまり、今年で10周年。地元の小学生が心をこめて描いたたくさんのキャンドルから、やさしい光があふれ、会場を照らす。屋内会場ではステージイベントが開催される。

 17時から開会式がおこなわれ、西区のマスコットキャラクター「にしまろちゃん」と彦根市のキャラクター「ひこにゃん」も登場。にしまろちゃんとひこにゃんをかたどったモチーフキャンドルや、地元の小学生がイラストを描いたキャンドルに点灯する。

 10周年記念企画の「あなたの思いを灯そう!キャンドルツリー」では、感謝の気持ちや未来への思いなどをイラストやメッセージをキャンドルに書き、大きなツリーを完成させる(16時〜、先着100人)。

 17時30分からMARK IS みなとみらい1階グランドガレリアの屋内ステージで、西区内の宮谷小学校、富士見台小学校の児童がコーラスで歌声を披露する。

 開催は20時まで。