みなとみらいの商業施設「MMテラス」(横浜市西区みなとみらい4)が5周年を記念して、映像イベント「Lighting Magic 2017」を開催している。(ヨコハマ経済新聞)

 Lighting Magicのアートディレクションは、照明アーティスト・デザイナーの中村敬さんが担当。海面の波や水の波紋などの映像を投影し、「横浜=港町」のオリジナルイメージを表現する。

 中村さんは、横浜市南区の吉野町、南太田、蒔田エリアで開催されている市民連携の光のイベントの企画制作など、街と人をつなぐ地域活性活動をおこなっている照明アーティスト・デザイナー。横浜マリンタワーや神奈川県立歴史博物館などの壁面でプロジェクションムービーによる光の演出を行っている。

 MMテラスを管理する丸紅リアルエステートマネジメントの担当者は「ミナトマチ横浜を光で表現するスペシャルなイベント。予約の必要はなく、どなたでも自由な時間に観覧を楽しめる。波や水の波紋、MMテラスをイメージさせる映像がゆっくりと映し出され、横浜=港町のオリジナルイメージを中村敬さんとコラボし表現してます。是非ご覧ください」とコメントしている。

 開催時間は16時〜24時。12月25日まで。期間中は、インスタグラム・ツイッターに画像をアップすると施設内の店舗で割引が受けられるキャンペーンも実施する。

 同施設では、館内の2層吹き抜けの1階に、ゴールドの飾りつけを施した高さ6メートルのクリスマスツリーを設置。屋外の並木では、シャンパンゴールドを基調としたライトアップが行われている。