「中三(なかさん)弘前店」(弘前市土手町)に1月24日、パン店「ねこねこ食パン弘前中三店」がオープンする。(弘前経済新聞)

 店舗の様子

 ネコの形をした食パン「ねこねこ食パン」が主力商品の同店。土手町側入り口にある「ハートブレッドアンティーク弘前中三店」に隣接し、会計は同じとなる。東北エリアへの出店は同店が初めて。

 「ねこねこ食パン」は全て一斤売りで、水を使わず北海道産小麦と牛乳、生クリームで仕上げた「プレーン」(540円)をはじめ、あずき、チーズ(以上、734円)を用意。このほか、北海道十勝産小豆を使った「ねこのあんこ」(こしあん・つぶあん、各421円)、チョコペン(108円)も用意する。

 1月28日までは、各日20個限定でオリジナルトートバッグとプレーン、チョコペンをセットにした「祝袋」(1,080円)を販売するほか、インスタグラムで「ねこねこ食パン」「MILK100%」「弘前」にハッシュタグを付けて投稿し、30いいね以上を獲得した人を対象に「ねこねこ食パン」を30円引きにする。2月24日まで。

 オープンに合わせ、中三弘前店1階特設会場ではネコグッズを集めた「neko neko fair」も開催する。雑貨やポストカードなど、ネコにちなんだ県内外の作家作品を販売。2月24日まで。

 店長の赤平佳奈子さんは「ネコ好きはもちろん、ネコ好きではない人も贈り物や味のしっかりした高級パンとして味わっていただけるとうれしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は10時〜19時(金曜・土曜=20時まで)。