広島・呉ポートピアパーク(呉市天応大浜3)で7月30日、「泡フェス祭2017」が開催される。(広島経済新聞)

 「泡フェス」の広島開催は今回で3回目。体験型コンテンツ企画制作を手掛けるクリエーター集団「Afro&Co.」が企画し、広島会場を皮切りに全国で開く。

 当日は「日本の祭」をテーマに、紅白の幕やちょうちんを使った会場装飾やステージパフォーマンスを展開。来場客向けにオリジナルウェア「泡ハッピ」を販売し、会場全体で祭りを演出する。

 メインステージでは毎分100リットルの泡を発射する巨大泡キャノンで数千人規模を「泡まみれ」にするほか、泡キャノンを搭載した「泡やぐらブース」を複数台設置し、前後左右から泡を放出。アーティストやDJによるパフォーマンスや阿波踊りエンターテイメント集団「寶船」による阿波踊りと泡のコラボパフォーマンスで参加者も一体となって会場を盛り上げる。

 会場ではふわふわとしたスイーツ「泡氷」など、フォトジェニックな「泡フード」を販売するほか、子ども向けのキッズスペースも併設して家族でも楽しめるよう配慮する。

 開催時間は13時〜18時。チケットは、前売り=4,200円、当日=4,500円。3〜5人までのグループ割引も用意する。小学生以下は大人1人につき、1人を無料にする。