広島の平和大通りに面した電気ビル最上階に7月3日、レストラン「BlueSkySeaSこあみ(ブルースカイシーズ)」(広島市中区小網町、TEL 082-233-8008)がオープンした。(広島経済新聞)

 青い空と海を表現した店内

 中電工とネルギアL&Bパートナーズが社員食堂をリニューアルし、一般利用もできるレストランとして営業を始めた。店舗面積は約121坪。席数は201席で1人向けのカウンター席や人数に応じて利用できるタイプの異なるテーブル席、10人まで利用できる個室も設け、貸し切りや団体客にも対応する。

 ランチメニューは週替わりメニュー「極」(600円〜1,000円)、デリ総菜を量り売りするグラムバイキング(6種類、1グラム1.5円)、管理栄養士が監修し、野菜を120グラム以上使った定食「ベジテーブル」、日替わり定食(550円〜)、日替り麺(450円〜)の5種類。

 ディナータイムにはメニューを刷新し、単品の居酒屋メニューや予約制のコース料理(2,500円〜)など提供する。調理するのはマツダスタジアムや中国電力陸上競技部などに飲食提供するエームサービス。

 周辺に高層ビルなどの建築物が少ないため、ビル最上階(20階)からの眺望を楽しみながら食事ができるロケーションを生かし、観光客の利用も今後見込むという。

 営業時間は、ランチ=11時〜14時、ディナー=17時〜21時。土曜・日曜定休。