東武百貨店池袋店(豊島区西池袋1)地下1階に6月30日、「立喰い寿し すしつね」がオープンした。(池袋経済新聞)

 ランチメニュー

 創業67年「寿し常」(豊島区)の新業態。静岡県網白代に独自で海洋牧場を持つほか、日本各地の漁港漁師とのつながりから直接仕入れを行う。すしは一貫60円〜450円、テークアウトにも対応する。

 10時〜15時には、わん物付きのランチメニュー(590円〜925円)を用意。アラカルトメニューは、イクラ、白身2つ、赤身、まぐろ中トロのセット「スペシャルB」(580円)、大トロ、中トロ、赤身の「まぐろ3貫」(425円)、サーモン、エンガワ、シメサバの「炙(あぶ)り3貫」(280円)、「スペシャルA」(840円)、「すしつねにぎり」(1,200円)など。

 担当者は「立ち食いなので、ちょっとの時間や少しだけ食べたいお客さまのニーズに応える。お昼にはお得なランチセットを、夜にはすしをつまみながらちょい飲みもお楽しみいただける。お昼と夕方は混み合い行列ができてお待たせするかもしれませんが、きっと満足いただけると思う」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時〜22時。