伊勢神宮内宮(ないくう)別宮の「風日祈宮(かざひのみのみや)」と外宮(げくう)の「風宮(かぜのみや)」を中心とする伊勢神宮全125社で8月4日、「風日祈祭(かぜひのみさい)」が執り行われ、7月3日に神宮大宮司に就任した小松揮世久(きよひさ)さんが初奉仕を行った。(伊勢志摩経済新聞)

 五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する同祭は5月14日にも斎行され、5月には雨風を凌(しの)ぐ「蓑(みの)」と「笠(かさ)」を奉納する。8月は稲がさらに実って穂を垂れて成長するようにと祈願する。

 新大宮司の小松さんは、祭典の始まりを知らせる報鼓(ほうこ)の音と共に神宮の境内を一歩一歩玉砂利を踏みしめながら参進し、お祓いを受けた後、正宮まで進んで奉仕した。

 神風を起こし日本を救ったとされる同宮は風の神様として知られ、祭神はイザナギとイザナミの間に生まれた級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)。鎌倉時代、蒙古襲来・元寇(1274年文永の役、1281年弘安の役)の時に2度の神風を吹かせ国難を救ったとされる。その功績から1293(正応6)年に末社格の「神社」から「別宮」に昇格した。