クラフトバタースイーツ専門店「Butters」が5月12日、「香林坊大和」(金沢市香林坊1)地下1階に期間限定店舗をオープンした。(金沢経済新聞)

 【写真】「Butters」が期間限定で金沢にポップアップショップ

 同店は2019年4月に東京・自由が丘にオープンした「「HiO ICE CREAM」(東京都世田谷区)が、昨年4月に立ち上げた姉妹ブランド。看板商品の「クラフトバターケーキ」(3個=864円〜)は販売開始9カ月で50万個を売り上げ、東京・横浜・大阪に3店舗の常設店をオープンさせるなど、急成長を遂げた。

 「クラフトバターケーキ」はイギリスのジャージー島で飼育されている純血種のジャージー牛の生乳で作る、乳脂肪分が高い濃厚なバターを使う。ガレット・ブルトンヌとフィナンシェの2種類の生地でミルクジャムを挟み、3層仕立ての軽い口当たりが人気。

 北海道別海町で伝統的な製法で作ったバターを使う「クラフトバターサブレ」(10個=1,620円)や岡山県蒜山のジャージーバターを使った「京飴バター」(648円)、バターを作る際に出る副産物のミルクパウダーを使った「バターミルクパンケーキミックス」(540円)などもラインアップし、それぞれのバターの特徴を生かした商品作りをモットーにする。

 3月からは「Butters Pop-up Tour 2021」と銘打って、愛知県を皮切りに広島県や福岡県、今回の石川県と各地でポップアップショップを展開している。運営する「HiOLI」の西尾修平社長は「東京駅での常設店舗には北陸からの来店も多く、地元でも買えたらという声を頂いていた。今回、地域に根付いた百貨店で出店できることはありがたい。遠出が難しく生活の彩りが失われやすいタイミングだが、お菓子を通じて石川や金沢の方に少しでも笑顔の輪が広がれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時〜19時(香林坊大和に準ずる)。今月26日まで。