「みやこめっせ」(京都市東山区)で12月23日・24日、印刷会社やデザイン会社、文具メーカー、紙の雑貨などを扱う作家らが集まる「紙博」が開催された。主催は手紙社(東京都調布市)。(烏丸経済新聞)

 4月に開催した東京に次いで行われた同イベント。デザイン会社や印刷会社、作家など59組が出店した。会場では山本紙業がワックスペーパーの量り売りやブロックメモの「もぎり売り」など文具店ではしていない売り方や、会場限定の商品なども用意された。

 当日は開場時間前には50人ほどの列ができ、5分ほど早めに開場した。マスキングテープで知られる「カモ井加工紙」(岡山県)にはレジ待ちの長い列ができた。

 大阪から参加した栗山朋美さんは、活版印刷を手掛ける啓文社(兵庫県)のコンセントカバーの凹凸を活版印刷で表現したカードや、紙の名前や特徴を一覧にした紙などを購入。「東京にも参加したが、近場での開催がうれしい。包装紙は手帳に掛けたり、ブックカバーにしたりしたい」と話す。

 大阪堺市から来た河野委久子さんは「見たこと無い柄があったので」とカモ井加工紙のワックスペーパーを購入。ミドリ(東京都)好きな柄を選べる折り紙や一筆箋購入。夫の浩二さんも「娘の影響で参加するようになったが自分で好きなようにものが作れるのがいい。時間を忘れるほど集中できる」と話す。

 滋賀県から参加した須田彩香さんは「関西はこうしたイベントが無かった。かわいい包装紙が買えたので、実家に帰ったときに子どもの写真を包んで渡したい」と話していた。

 出店者の一人、上田歩輝さんは「初参加だったが、思った以上にお越しいただいてとてもうれしい。非常に個性のある店が集まっているので、正直買い回りたい」と笑顔を見せる。

 イベントを担当した手紙社の藤枝梢さんは「東京の時よりも会場も広く、出店者も10ほど増えた。紙を使って何かを作ったり、手紙を書いたりデジタルとは違った魅力が伝えられたら」と話す。