川越の映画館「川越スカラ座」(川越市元町1)で8月11日、「ラ・ラ・ランド」発声可能上映が開かれる。(川越経済新聞)

 同作は2016年にアメリカで公開されたミュージカル映画。「第89回アカデミー賞」で史上最多の14ノミネート、うち6部門を受賞した。

 当日は、クラッカー、紙吹雪、鳴り物などの持ち込みを許可。映画を見ながら自由に歌い踊ることができる。

 担当者は「インド映画でよく行われるマサラ上映を『ラ・ラ・ランド』でお楽しみいただける。英語の歌詞もスクリーンに表示されるので、発声可能上映が初めての方にも安心。声を出す勇気はないという方も、クラッカーを鳴らしたり紙吹雪をまいたりして楽しんでほしい。クセになる楽しさなので、ぜひお越しいただければ」と呼び掛ける。

 開催は15時30分〜の回。料金は鑑賞料のみ。チケットは当日10時から販売。事前予約可。水、火を使う物は持ち込み禁止。同作上映は今月25日まで。