11月10日にフットボール専門店としてリニューアルオープンした「B&D吉祥寺店」(武蔵野市御殿山1)で12月6日、FC東京・石川直宏選手を迎えて「アディダスフットボールスペシャルイベント」が開催された。(吉祥寺経済新聞)

 B&D吉祥寺店内の壁面にサインをするFC東京・石川直宏選手

 石川選手は、同イベントが現役引退後初の公の場になった。引退直後の心境として「現役最後の日を目指して日々トレーニングをしていたので、全てを出し尽くしたし楽しめた」と明かした。トークセッションでは、現役時代の事や靴へのこだわりも披露し、来年に開催を控えるサッカーワールドカップについても言及した。イベントに参加した大学生に対しては、自身の経験を生かしてアドバイス。現在も吉祥寺在住で「もう7年ぐらい住んでいて、『住めば都』。ここまで自転車に乗ってきた」と話す場面も。

 アディダスの新スパイク「Predator」については、「フィット感が良くて、どこか懐かしいところを感じた」と話す。靴を選ぶポイントとして「フィーリングが良くて、派手な靴がいい」と明かし、何色が好きかと問われると「青と赤が好き」と、16年間在籍したFC東京のチームカラーを挙げた。

 学生時代からサッカー用品は「数えきれないほどたくさん商品を買った」と思い出を披露するも、B&D吉祥寺店は初来店だったようで「以前から店の前はよく通っていたが、店内に入る勇気は無かった」ということも。

 トークセッション終了後は、記念撮影が行われ、サインにも応じた。最後は、店の柱にサインをするサービスも披露し、終始和やかな雰囲気でイベントは終了した。

 B&D吉祥寺店は2002年4月にオープンしてから今年で15年。節目の年にフットボール専門店としてリニューアルオープンした。菅原店長は「リニューアルに際し一番力を入れたのはサッカーシューズ。シューズに多くのスペースを設けたので、多くの商品を見てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時〜21時。年末年始も営業。