デンマーク発の雑貨店「Flying Tiger Copenhagen(フライングタイガーコペンハーゲン)ららぽーと横浜ストア」(横浜市都筑区池辺)が7月28日、新カテゴリー商品を含む夏を感じられる新作187点の提供を始める。(港北経済新聞)

 1995年にデンマーク・コペンハーゲンで誕生した同ブランド。ヨーロッパを中心に世界30の国と地域で700店舗以上を展開している。国内では23店舗を出店しており、同店は2015年にオープンした。運営はゼブラジャパン(東京都渋谷区)。

 今回は海や夏を感じられる商品に加えて、新たなカテゴリーとして「トドラーライン(キッズ用品)」も用意。デンマークを象徴するライフスタイル「ヒュッゲ(=人と人のつながりが生み出す温かで居心地のいい空間)」を楽しむためのアイテムを提案する。

 新商品は、VRゴーグル(400円)、ブックエンド(500円)、ランチバッグ(600円)、リュック(1,000円)など187点。

 営業時間は10時〜21時。