ドライブレコーダーの映像解析業務を展開しているジェネクスト(横浜市港北区新横浜3)と横浜市が6月、ドライブレコーダーを活用した高齢運転者の交通事故抑止対策に関する覚書を締結した。(港北経済新聞)

 近年高齢運転者による加害事故が社会問題化していることから締結された今回の覚書。今後は市と連携して、市内高齢運転者の運転記録映像の分析により、その運転特性の把握や、分析結果を活用した効果的な交通安全教室を開催して、高齢運転者の交通事故抑止の取り組みを進める。

 高齢者向けの交通安全教室は来年1月・2月の開催を予定しており、年末までの期間に高齢運転者のモニタードライバーを募集して、その走行映像を集める(交通安全教室の参加はモニター参加必須)。

 8月21日から同社ではモニターを募集。対象は横浜市内在住で車の運転をする65歳以上。