港北図書館(横浜市港北区菊名6)で現在、慶應義塾大学日吉キャンパスに残る戦争遺跡「日吉台地下壕(ごう)」を紹介するパネル展示が開催されている。(港北経済新聞)

 太平洋戦争中、旧海軍連合艦隊司令部が置かれた日吉キャンパス。寄宿舎などは兵舎として使われていたが、地下には作戦室や司令長官室のほか、海軍省人事局・航空本部なども構築され、広大な地下壕が作られた。「レイテ沖海戦」の作戦命令や戦艦大和の出撃命令などはこの司令部から発せられたといわれている。

 地下壕は現在、同校の旧教職員やOB、地域住民を中心に発足した「日吉台地下壕保存の会」の活動によって、戦争遺跡として語り継がれている。同会は定期的に地下壕の一部を見学する企画も行ってきた。

 今回は「日吉台地下壕保存の会」の協力で、同会が所蔵する地下壕(ごう)や戦時中の写真を展示している。8月6日には同会の佐藤宗達さん、小山信雄さんを講師に迎えた講演会も予定する。開催時間は10時30分〜12時、要予約。

 開館時間は9時30分〜19時(土曜・日曜・月曜は17時まで)。展示は8月27日まで。8月13日・27日は一般向けに展示ミニレクチャーも(14時〜16時)。