横浜・港北を中心にタクシー・ハイヤーサービスを展開している三和交通(横浜市港北区鳥山町)が8月9日、クラウドを活用した次世代タクシー配車システム導入に向け、JVCケンウッド(横浜市神奈川区)と業務協働に関する覚書を締結した。(港北経済新聞)

 タクシー業界では現在、乗客へのサービス向上のほか、乗務社員の法令順守や労務管理の取り組みのため、IoT(センサーやデバイス同士がクラウドなどを介して相互に制御する仕組み)化が進んでおり、関連するモノや情報を一元的に管理できる新しいシステムの導入が必要とされている。

 今回同社では、これからのタクシーサービスに必要なシステム導入のため、次世代IoTソリューション事業を展開するJVCケンウッドと業務協働を決定。これまで蓄積してきたタクシー業界や車両の知見とJVCケンウッドが保有する車載機器や業務用無線機器の技術・ノウハウを組み合わせて、保有する約500台の車両への次世代タクシー配車システム導入を目指す。

 今後は業務用無線機器とカーナビゲーションを含む表示機を一つのセンター端末(タブレットPC)に集約することによるコストダウンや決済機・タクシーメーターも含めた統合システムの開発を予定。将来はクラウドを活用した新システムによって、さらなる業務効率化や乗客向けスマートフォン配車アプリなど新しい顧客サービスを創出するという。

 システム開発はこれから着手し、年明けから実証実験を開始。来年度から横浜・多摩・埼玉エリアの同社保有タクシーに随時導入していく見込み。