高校の軽音部を盛り上げたいと現役女子高生アイドルが発案した「さがみはら高校生バンドフェス」が8月7日、相模原市立青少年学習センター(相模原市中央区矢部新町3)で開かれた。(町田経済新聞)

 フェスに参加した高校生

 相模原ご当地アイドル「つぶつぶ★DOLL」メンバーの藤井七音(ずす)さんが、「軽音楽部は運動部と比べて大会が少なく、後輩先輩とのつながりが薄い。もっと部活で熱くなりたい」と発案。SNSでの呼びかけや中学時代の友人を通じて出演バンドを集め、8ページのカラー版パンフレットも作成した。

 当日は、上溝南、神奈川総合産業、相模原、田名の各県立高校とゲストの計10バンドが出演。各バンドは、課題のアニソン・ボーカロイド曲、オリジナル曲などを熱演し、つぶつぶ★DOLLメンバーが司会や会場運営を務めて盛り上げた。演奏終了後、来場者による投票で、Shangri-la(田名)が1位、ここ夏(上溝南)が2位に選ばれた。最後は全員で記念撮影、学校の垣根を越えて談笑する姿が見られた。

 藤井さんは「違う高校の知らない人たちが集まって、フェスが盛り上がるか心配だったけど、始まってみるとみんな演奏に合わせてジャンプしたり、合唱したりしてくれたのが、とても嬉しかった」と振り返った。