北総線矢切駅前広場で8月2日・3日、矢切ビールまつりが開かれる。(松戸経済新聞)

 駅前ロータリーを車両通行止めにし、ステージや飲食ブースを設けて行われる同イベントは、今年で23回目を迎える。

 当日は、アサヒ、キリン、サッポロの国内3社がビールを提供。飲食は地元商店会加盟店が出店する。
 
 8月2日は、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」に登場するヒロインにちなんだ「ミズ・民子コンテスト」も同時開催される。上位入賞者は、矢切観光大使として1年間活動する。ステージでは、プロ・アマの歌い手によるライブや、子どもたちの民謡による舞が披露される。北海道日本ハムファイターズのマスコット「カビー」も出演予定。

 同実行委員長の芝内健治さんは「2日間雨で中止になったのは、今まで1度だけ。雨が降らない時期で暑くなることが予想されるので、椅子などお持ちいただいて腰を落ち着けて楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は17時〜21時。