伊予・双海町に「米ぬか酵素風呂 酵素まる」(伊予市双海町上灘甲、TEL 089-986-1415)がオープンして1カ月がたった。経営は「酵素まる」(同)。(松山経済新聞)

 酵素風呂は米ぬか100%

 過去に自営業や介護職などを経験したという同社社長の高村真理さん。「過疎化が進む町に活気を取り戻したい」との思いから、米ぬか酵素風呂を始めることを決意したという。

 店舗面積は約15坪。木目調の店内には風呂スペースのほか、休憩室を設け、木のぬくもりが感じられる雰囲気に仕上げた。

 入酵(酸素風呂に入る)時は下着のみを着用し、浴槽内の米ぬかをじかに肌にしみ込ませる。入酵時に使う下着とタオルは持参を呼び掛けているが、タオルや紙下着の有料レンタル・提供でも対応し、希望者にはシャワーキャップを提供する。酵素浴には、体内にたまっている毒素や老廃物を出すデトックス効果があるとのこと。

 高村さんは「健康や癒やしを提供するほか、人が集まってコミュニケーションが取れる場になれたら。今後はフードメニューの展開も考えている」と話す。「コミュニティーハウスのようにしていきたい」とも。

 営業時間は9時30分〜19時。日曜定休。料金は、一般=3,000円(初回のみ2,000円)、中学生以上=2,500円、小学生=1,500円。完全予約で、最大3人まで入酵できる。予約は電話とメールで受け付ける。