北条外港荷あげ場で7月29日、「風早海まつり」が開催される。(松山経済新聞)

 同イベントでは、地元団体が展開する14店舗の夜店コーナーを設けるほか、4000発の花火を打ち上げる花火ショーを行う。花火は観客席より約300メートル沖合に設ける台船で打ち上げられ、隣接する鹿島をバックに花火を楽しむことができる。

 当日は1テーブル(4人席)4,000円で「花火有料観覧席」を設ける。4人を超える場合は1脚1,000円で椅子の貸し出しも行う。北条商工会で販売。

 同祭広報担当者は「町ぐるみ・地域ぐるみの祭りとして、北条地域の各世帯と協力して続けていくことができれば」と話す。「花火4000発を連続して上げる。その迫力に注目してほしい」とも。

 夜店は16時から。花火ショーは20時20分〜21時。荒天の場合は7月30日に延期。同祭委員会は、当日は混雑が予想されるため、公共交通機関を利用した来場を呼び掛けている。