目黒通り沿いのリノベーションホテル「CLASKA(クラスカ)」(目黒区中央町1、TEL 03-3719-8121)で現在、屋上で映画鑑賞を行う「キノ・イグルー×クラスカルーフトップシネマ2017 vol.1」が行われている。(目黒経済新聞)

 同ホテルの屋上で野外上映会を行う企画は今年で9年目。カフェやギャラリー、美術館など、さまざまな空間で世界各国の映画を上映する「移動映画館」として活動するユニット「Kino Iglu(キノ・イグルー)」と共同開催する。

 キノ・イグルーの有坂塁さんは元々映画が全く好きではなったが、無理やり映画館に連れて行かれて見た「クールランニング」を見て映画にハマり趣味が高じて仕事になったという。「映画館だけではなく、いろいろなところで映画を楽しんでほしい。野外だからこそ思いきり笑えるほか、この時期に合う開放感のある気持ちのいい映像、音楽を、見るだけでなく体感していただければ」

 8月7日〜9日の上映作品は、「ジュラシック・ワールド」にも出演したニック・ロビンソンが主人公を演じるティーンの青春映画「キングス・オブ・サマー」(2013年)。8月28日〜30日はアラン・ドロン主演のフランス映画「冒険者たち」(1967年)を予定している。 

 クラスカ広報の牛田実里さんは「その時の映画に合った食事を提供し、遠方からお越しの方や近隣の方も映画を通じて一緒に楽しんでいただければ」と話す。

 料金は2,000円。要予約。