岩手県が「希望郷いわて国体・大会」応援アプリ「まちサポいわて」の内容をリニューアルし、7月31日にリリースした。(盛岡経済新聞)

 同アプリは、昨年行われた「希望郷いわて国体・大会」に合わせ、競技場案内や大会結果情報の提供、県外からの出場者、観戦客などへ向けた観光・グルメ情報の発信を行うアプリとして公開したもの。国体・大会終了後はコンテンツの更新が止まった状況が長く続いていた。

 加えて、県が運営する復興情報発信アプリ「e!いわて いわてつながり情報局」が今年7月で配信を停止。その内容を引き継ぐ形で、岩手の震災復興をはじめ、県内の福祉・医療、文化、スポーツ、観光、定住などの情報を発信するアプリとして「まちサポいわて」をリニューアルすることとなった。

 リニューアル版では、県の公式ツイッターやフェイスブックが閲覧できる「県からのお知らせ」や、復興情報を発信する「いわてつながり情報局」と「震災復興アーカイブ」、移住希望者へ向けた情報を提供する「いわてイーハトー部」、県内の医療機関や薬局を条件に合わせて検索できる「いわて医療ネット」、岩手に関連する作品を紹介する「コミックいわて」などの新規コンテンツが加わった。旧バージョンから継続する形で、バリアフリー施設を検索できる「いわてユニバーサルデザイン電子マップ」、観光情報を提供する「いわての旅」なども閲覧できる。

 県情報政策課の岩間純(あつし)さんは「県民の皆さんに便利な内容はもちろんだが、県外から訪れる皆さん、移住を考えている皆さんにも使っていただけるコンテンツも備えている。岩手に興味がある人にも使ってもらいたい」と呼び掛ける。

 アプリはGoogle PlayストアとApp Storeから無料でダウンロードできる。旧バージョンがダウンロードされている場合はアップデートして利用できる。