富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で7月28日から、日本各地のご当地アイスと世界のアイスを100種類以上集める夏イベント「ド・アイス博」が開催される。(富士山経済新聞)

 夏イベント「ド・アイス博」

 アイスイベント「アイスクリーム博覧会」とのコラボ企画で、山梨初開催。アイスクリーム、ソフトクリーム、シェイク、かき氷などを販売する

 海外のアイスのメニューは、綿のようにふわふわな台湾かき氷や、ドイツ発のスパゲティアイス、イギリス発の綿あめソフト、日本で唯一という正式なトルコアイス職人・ギュネイさんがその場で練り上げるドンドルマなど。

 ご当地アイスは、広島・尾道市「しまなみドルチェ」、福島・須賀川市「G501」、京都・宇治市「吉田銘茶園」、滋賀・野洲市「クレープリー・グランデール」、福岡・芦屋町「Sweet Box」、東京・巣鴨「雪菓」。ご当地アイス選手権の「レックス・ベリー」や、「ご当地アイスミュージアム」の商品も。

 園内ではそのほか、「黒みつ信玄ソフトクリーム」や、山梨にちなんだ新味のソフトクリームとして富岳風穴名物「とうもろこしソフトクリーム」も販売する。

 営業時間は9時〜17時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。入園料は、大人=1,500円、子ども(3歳〜小学生)=900円。8月6日まで。