チトセピアホール(長崎市千歳町)で7月30日、マンホール尽くしのイベント「夏のマンホールまつり」が開催された。(長崎経済新聞)

 軍艦島のマンホールふた

 13時の開場直後、小学生の親子などを中心に400人ほどが訪れて会場は熱気に包まれた。ステージでは長崎大学大学院に所属する工学博士で、マンホールハンターとして知られる出水享さんが「マンホールGO」と題するトークショーを行ったり、マンホール製造会社のデザイン担当者が「なぜマンホールのふたは車が踏んでも割れないのか」「デザインはどのように決められているのか」などについて話すなどした。

 軍艦島をはじめ、長崎市内や時津町、長与町、諫早市などから実際に使用されているマンホールのふたを会場中央に展示。ふたが描かれた紙に色を塗る「塗り絵コーナー」も多くの親子でにぎわった。

 マンホールカードのコーナーでは全国各地のマンホールカード、全222種類を展示。同カードは各地の下水道広報イベントなどで無料配布されているが、すぐに品切れになるなど人気が集まっている。

 出水さんと土木技術者・松永昭吾さんのコンビ「噂の土木チーム・デミーとマツ」の土木トークでは、子どもたちがクイズに挑戦。道路や水道、公園、堤防など幅広い土木クイズを楽しみながら、答え合わせに歓声を上げていた。

 マンホールカードプロジェクトリーダーの山田秀人さんは「多くの人に楽しんでもらえてよかった。いろいろな企画を通して、これからもマンホールの価値を楽しく広げていきたい」と話す。