中野サンプラザ(中野区中野4)10階「白樺(しらかば)」で9月29日、「落語de婚活」イベントが開催される。主催は東京商工会議所中野支部。(中野経済新聞)

 (関連フォト)会場となる中野サンプラザ

 「笑いではじまる恋もある。」をコンセプトに、落語を聴きながら婚活企画を展開する同イベント。東商中野は昨年度、「婚活パーティ― Love & Beer」や「婚活ウォーク2017inNAKANO」などの婚活企画を行った。今期第1回となる同イベントでは「笑いのツボ」が合う人同士が出会うことを目的としている。

 当日は、1962(昭和37)年生まれで1999年には真打に昇進した落語家の三遊亭金時(さんゆうてい・きんとき)さんが高座を披露し、恋のキューピッド役を務める。会場では、1対1での自己紹介タイムやフリータイム、金時さんを交えた宴会形式のグループトークを行うほか、参加者全員に土産も進呈する。

 金時さんは「参加者全員が幸せになることを願いながら落語をするので、ぜひ1組でも多くのカップルが生まれてほしい」と話す。「カップルが成立したら、その誕生の地は中野、キュービッドは私となるので、カップルで中野に遊びに来てほしいし、自分の落語もずっと聞きにきてほしい」とも。

 開催時間は19時〜21時。軽食やドリンク付き(アルコール有り)で、参加費は、男性=7,000円、女性=4,000円。参加資格は25〜45歳くらいまで。定員は男女各20〜25人。