ベイ・コミュニケーションズ(通称=ベイコム、大阪市福島区)と西宮市は、市が所有する西宮市民会館ホール(アミティホール)の名称に冠するネーミングライツ・パートナーに関する協定を4月6日に締結し、6月1日から愛称が「アミティ・ベイコムホール」になる。
 
 西宮市は1月、市所有施設を有効活用し安定的な財源を確保することで、持続可能な施設の運営と市民サービスの向上を図ることを目的に、市が所有する施設へのネーミングライツ・パートナーを公募した。(西宮経済新聞)

 ベイコムは、地域メディアとして情報文化の興隆を図り地域社会に貢献することを経営方針に掲げており、西宮市として初めてのネーミングライツ・パートナーに選ばれた。