札幌駅地下歩行空間北3条交差点広場(西)で12月14日・15日、「オロロンラインプレゼンツ冬のるもい大物産展inチ・カ・ホ」が昨年に続き今年も開催される。(札幌経済新聞)

 数の子・甘エビ・タコなどの水産加工品や地酒のほか、生パスタやもち米、ジャム、プリンなど留萌管内の特産品を多数用意。留萌管内の観光スポットやイベント情報を紹介し、各市町村のご当地キャラクターが、集合するステージや景品を用意するクイズ大会も行う。

 羽幌町焼尻島で作ったサフォークの羊毛を使った壁掛けづくり体験や、漁師の技術を学べるロープワーク体験も予定。

 留萌振興局商工労働観光課の井内聖さんは「『留萌』の魅力をぜひこの機会に体感し知ってほしい。札幌在住者や開催期間中に札幌に来る人は『チ・カ・ホ』に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は、14日=11時〜19時。15日=11時〜17時。