大阪・堺筋本町に7月3日、「カレー屋 カチャロンカ」(大阪市中央区北久宝寺町2)がオープンした。(船場経済新聞)

 3種のカレーが味わえる「スペシャルカレープレート」

 カレー店「ボタ」(東心斎橋)、「アララギ」(谷町)の姉妹店となる同店。店名「カチャロンカ」はベンガル語の「青唐辛子」に由来するという。元は移動式カレー店だったが、現在2階にて雑貨店を営業中の「HOPKEN」リニューアルに伴い、1階にランチタイムのみの店舗を構えた。

 メニューは、「カレープレート」(880円)、「2種カレープレート」(980円)、「スペシャルカレープレート」(1,200円)。カレーは日替わりで3種類用意。「毎日食べられるような、全体のバランスが良いカレー」を目指しているという。すべてのカレーに、豆のカレー「ダル」やピクルスなどインド風の副菜4〜5種類を付ける。

 セットドリンク(プラス200円)には、2種類の茶葉とシナモン、アニス、ジンジャーを使った「チャイ」や、「ラッシー」、スパイスのカルダモンと共に抽出した「カルダモンコーヒー」を用意する。

 追加トッピングには、スリランカ風の薬味「カッタサンボウル」(100円)、「パクチー盛」(100円)を用意。ごはんの大盛りはプラス100円となる。

 店長の三上 洸(つよし)さんは「近隣企業で働く方が多く来店されている。近くにはマンションがあり住民も多くいるので、これからも毎日来てもらえるような地域に根付いた店にしていきたい」と話す。

 営業時間は11時30分〜16時。日曜・祝日定休。