大阪・北浜に7月28日、ビジネスホテル「ホテル京阪 淀屋橋」(中央区北浜2、TEL 06-6229-0321)がオープンした。(船場経済新聞)

 大阪・船場の商人が重宝した「船場汁」

 京阪本線、地下鉄御堂筋線・堺筋線の好立地に位置する同ホテルは、地上11階建ての宿泊特化型ビジネスホテル。客室数は、シングルルーム(定員1〜2人)90室、ダブルルーム(定員2人)40室、ツインルーム(定員2〜3人)80室の計210室。

 全室にWi-Fiや加湿機能付き空気清浄機などを備え、ベッドはシモンズ社製を導入。テレビ画面で、レストランの混雑状況やランドリーの使用状況を確認することもできる。

 ロビーには、男女別に化粧水や洗顔料、バスソルト、マウスウォッシュなどを豊富にそろえた「アメニティーバー」を配置し、旅行雑誌やガイドブックの閲覧、インターネットができる「ギャザリングスペース」も備える。1階には、洗剤不要の乾燥機能付き洗濯機3台、喫煙コーナーなどを設ける。

 ビュッフェスタイルの朝食は約70種類を提供。大阪ならではのメニューとして、たこ焼きやお好み焼き、紅ショウガの天ぷら、商人の街・船場で昔から親しまれてきた「船場汁」、関西では定番の牛すじを使ったカレーも用意する。12時〜21時はカフェスペースとして開放する。

 宿泊料金は、シングル=1万8,000円、ダブル=3万円、ツイン=3万5,000円(以上税別)。チェックイン=15時、チェックアウト=11時。