仙台の愛宕上杉通沿いに7月1日、「伝説のステーキ屋」仙台名掛丁店(仙台市青葉区中央2、TEL 022-738-7107)がオープンした。(仙台経済新聞)

 伝説のステーキ屋の「すたみなステーキ」

 同店は、「伝説のすた丼屋」や「名物すた丼の店」などを手掛けるアントワークス(東京都中野区)が2016年3月から展開するステーキ店業態。今回が東北初出店で、出店場所は移転した「伝説のすた丼屋」仙台名掛丁店のビル2階。

 「これまですた丼発祥の地で認知度の高い東京多摩地区と、もともと『すた丼屋』だった店をコンバージョンした上尾店の計5店舗をロードサイドのみで営業してきたが、駅前路面での出店も以前から検討していた」と同社広報担当者。すた丼屋の移転先が2階建てで、仙台ですた丼屋の認知も広がっていることから、駅前路面店舗を出店することを決めたという。店舗面積は24.84坪で、席数はテーブル4卓14席、カウンター6席。

 「おいしいステーキをリーズナブルな価格で好きなだけ食べられる、肉好きのためのガッツリステーキのお店」をコンセプトに、ボリューム感のあるステーキとハンバーグを提供する。ステーキは注文が入るごとにブロックから切り出し、ハンバーグは手ごねで提供する。遠赤外線効果の高い溶岩石のチャコールグリルを採用し、「肉のうま味を閉じ込め、ふっくら膨らむように柔らかくジューシーに焼き上げる」という。

 メニューは、肩ロースを使ったステーキにニンニクをふんだんにのせた「すたみなステーキ」(300グラム=1,850円、450グラム=2,520円、肉100グラム増量につき460円増し)をはじめ、「サーロインステーキ」(同=2,260円、同=3,150円、同600円増し)、「サイゴロステーキ」(200グラム=1,480円、300グラム=1,780円、450グラム=2,430円、同440円増し)、「肉塊ガリバーハンバーグ」(450グラム=2,070円、同350円増し)、「肉塊ハンバーグ」(200グラム=1,280円、300グラム=1,540円)など。全て、ライス、黒カレー、スープ、コーヒー・紅茶の食べ飲み放題が付く(価格は全て税別)。

 オープン後は男性客やファミリー層が多く訪れているという。同担当者は「すた丼屋と共に、地域の皆さまに愛されるお店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時〜23時。