仙台パルコ本館(仙台市青葉区中央1、TEL 022-774-8000)1階アーケード口特設会場に現在、フローズンフルーツバー専門店「PALETAS(パレタス)」が期間限定オープンしている。(仙台経済新聞)

 仙台パルコ本館1階アーケード口に期間限定で出店

 旬の時期に収穫された新鮮なフルーツや野菜を果汁やジェラート、ヨーグルトなどに閉じ込めたフローズンフルーツバーを販売する同店。フルーツは産地や生産者にこだわり、果汁・果実も可能な限り国産のものを使う。「フルーツが凍っていても柔らかく食べられる技術を開発し、自然の甘味や果汁を使ったレシピにこだわっている」という。

 同店を展開するのはロート製薬の子会社「ジャパンパレタス」(神奈川県鎌倉市)。ロート製薬がこれまで培ってきた技術を製造や品質管理などに生かし、2013年に鎌倉店(本店)をオープン。現在では神奈川・東京・大阪に5店舗を展開し、東北への出店は今回が初めてとなる。

 販売フレーバーは、ミックスイースト、シトラスミックス、チョコレートバナナ、クリマッチャ、クリームチーズミックス、ミックスベリーヨーグルト、レモンジンジャー、ミガキイチゴ、オキナワマンゴーパイン、ピーチ&ピーチ、モガミラズベリー、ショコララズベリーなど20種類。価格は400円〜580円。有料でテークアウト用の保冷バッグやボックス、ドライアイスも用意する。

 「若い方だけではなく小さなお子さまから年配の方まで幅広く利用いただいている。1本購入されて食べ歩かれるお客さまもいらっしゃれば、お土産として購入される方もいらっしゃる」と同店担当者。テークアウトでは3〜5本の購入が多いが、10本以上購入する人も少なくないという。

 営業時間は10時〜21時。8月31日まで。