明治神宮前駅近く・明治通り沿いに7月15日、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST(ボタニスト)」の旗艦店「BOTANIST Tokyo」(渋谷区神宮前6)がオープンした。経営はI-ne(大阪市中央区)。(シブヤ経済新聞)

 カフェで提供するサラダセットやスムージー

 同社が2015年から展開する同ブランドは「植物学者」を意味し、植物由来の原料を使ったシャンプーやリンスなどバスアイテムを中心とした商品を展開する。中心顧客層は20〜40代の女性。これまで自社のECショップや卸で展開していたが、認知度の高まりを受け、消費者とのコミュニケーションの機会を増やすことを目的に初の常設店出店を決めたという。国内外への発信を図り、同エリアを選んだ。

 店舗面積は、1階15.8坪、2階16.6坪の2フロア計32.4坪。「ボタニカル」をコンセプトにする店舗は、白を基調に植物を取り入れたインテリアを配置するなど、NYのブルックリンスタイルをイメージ。プラントアーティスト川本諭さん協力の下、店舗開発をした。

 1階は、ナチュラル・オーガニックカテゴリーのアイテムを展開するセレクトショップ(TEL 03-5766-3777)。「ボタニスト」のシャンプーやリンス、ヘアウオーター(以上1,512円)、ボディーソープ(1,080円)などに加え、バスタオル(3,024円)やマグカプ(1,512円)、ポーチ(1,944円)などの雑貨ラインを初展開する。

 そのほか、同社が手掛けるオーラルケアブランドdime(マウスウオッシュ1,080円ほか)、柔軟剤ブランドFULLERY BOTANICAL(900円)や、伊ハンドメードブランド「POESIA21」、蘭ナチュラルコスメティックブランド「TREETS TRADITIONS」などのセレクトブランドをそろえる。

 2階のカフェ(TEL 03-5766-3778)は32席を用意。メニューは、チキンやアボカド、ベイクドポテトなどの「パワー」、豆腐やブロッコリー、マッシュルームなどの「トーフ」など4種類のサラダセット(サラダ・スープ・ミニサイズのスムージー・パン付き、各1,800円)や、ケイジャンカジキマグロをのせるオープントースト(950円)、スムージー(1,300円)、レモンを入れたグラスに注ぐと青色から紫色に替わるハーブティー「バタフライピー」(700円)などをラインアップする。客単価は2,000円前後。

 営業時間は11時〜20時。