男子プロバスケ・Bリーグ「サンロッカーズ渋谷」のマスコット・サンディーが、7月29日・30日に開催されるバスケ日本代表(愛称・AKATSUKI FIVE)男子チームの国際強化試合に特別選手として出場する。(シブヤ経済新聞)

 いたずら好きな一面も…

 「AKATSUKI FIVE」男子チーム(FIBAランキング48位)の強化活動の一環で開かれる同試合。フリオ・ラマス新ヘッドコーチ体制発足後初の国際大会で、五輪に過去7回出場し銅メダルを2回獲得しているウルグアイ代表(同26位)と対戦する。

 今回、会場となる青山学院記念館(渋谷区渋谷4)がSR渋谷のホームアリーナであることから、サンディーが選出された。サンディーは2007年10月11日生まれで、ポジションはガード。ダンスを得意としているほか、昨シーズンはミニセグウェイを乗りこなし、トナカイや干支(えと)の酉(とり)にちなんだニワトリ、小学生などさまざまなコスプレ姿も披露した。試合当日は日本代表と同じユニホームで会場を盛り上げる。

 サンディーは「こんかい、ニホンダイヒョウトクベツセンシュにえらんでもらってうれしいよ。エヘヘ(^^)。ビックリするくらいもりあげちゃうカラ、楽しみにしててネ。ブザービーターきめちゃうゾ!」と意気込み、「みんなにあえることをとってもたのしみにしているヨ(^^)おうえんヨロシクネ☆」(以上、原文ママ)と呼び掛ける。

 同試合には、サンディーと元チームメートで今季琉球ゴールデンキングスに移籍したアイラ・ブラウン選手や、SR渋谷と同じ渋谷区をホームタウンとするアルバルク東京・田中大貴選手、千葉ジェッツふなばし・富樫勇樹選手らがベンチ入りする。

 試合開始時間は29日=15時、30日=16時。観戦料は、プレミアム席=3万5,000円、ベンチ裏=1万8,000円、1階自由席=6,000円ほか。