東急プラザ表参道原宿(渋谷区神宮前4)3階に8月10日、米発デザートカフェ「Serendipity3(セレンディピティスリー)」がオープンする。経営は飲食店を手掛けるクリエイト・ダイニング(品川区)。(シブヤ経済新聞)

 高さ20センチ以上のデザートドリンク「フローズン ホットチョコレート」

 1954年にNYマンハッタンで「偶然の幸せな発見」をコンセプトにオープンした同カフェ。スリランカのおとぎ話「セレンディップの3人の王子たち」が店名の語源となっていることから、おとぎ話の世界観を大切にした店舗づくりが特徴で、米ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」や映画「セレンディピティ」などにも登場している。今年7月7日現在、アメリカとアラブ首長国連邦で4店舗を展開している。日本初出店となる同店には92席(うちテラス20席)を用意する。

 メニューは、ホイップクリームをトッピングする高さ20センチ以上のデザートドリンク「フローズン ホットチョコレート」をはじめ、チョコレートで作る宝箱の中にケーキ3種類・アイス・フルーツなどをトッピングする「セレンディピティ トーキョー トレジャーチェスト」、オニオンリングを高さ20センチ以上に積み重ねる「エンパイア ステイト オニオンリング」、長さ約30センチの「ザ・フットロング ホットドッグ」など、フォトジェニックな見た目に仕上げている。

 日本限定メニューとして、宇治抹茶やわらび餅を使う「フローズン ホットチョコレート」、300グラム以上のバニラアイスクリームの上にチェリーパイケーキをのせるサンデーなどもラインアップするという。

 営業時間は11時〜21時。