アルバルク東京(以下A東京)とサンロカーズ渋谷(SR渋谷)が9月16日、渋谷センター街・バスケットボールストリート(バスケ通り)でパレードを行った。(シブヤ経済新聞)

 サンロッカーズ渋谷の選手たち

 今月29日のBリーグ2017-18シーズン開幕に向け、渋谷区をホームタウンに活動する両チームが共同で行ったもので、昨年に続きく2回目の実施となった。A東京は菊地祥平選手を除く全選手やルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ(HC)、チアリーダー、マスコット「ルーク」らが、SR渋谷は全選手や勝久ジェフリーHC、チアリーダー「サンロッカーガールズ」、マスコット「サンディー」らが参加。両チームのチアリーダーはパフォーマンスも披露した。

 A東京のキャプテン正中岳城(しょうなか・たけき)選手は「優勝目指してしっかり戦うことはもちろん、東京・渋谷の皆さんに応援していただけるチームであれるよう頑張りたい。コミュニティーに支持されるような価値あるチームになっていけるように、皆さんの目に耳に届くようにしっかり戦っていきたい。同じ地区のSR渋谷と切磋琢磨(せっさたくま)してバスケ界を盛り上げていきたい」とあいさつ。

 SR渋谷の伊藤駿選手が「今まで応援していただいた方はもちろん、見たことが無い方も会場にお越しいただき、バスケットボールの楽しさや迫力を肌で感じてほしい」と呼び掛けかけた。勝久HCは「全力を尽くしてシーズンを戦い抜くために全員で準備している。Bリーグ2年目、盛り上げるためには皆さんの力が必要なので一緒につくっていきましょう」とも。

 小雨が降る中、来街者でにぎわうバスケ通りには両チームのファンが集まったほか、来街者たちは2メートルを超える選手たちの姿に驚きの声を上げていた。この日は、津軽三味線デュオ「桃響futari」、早稲田大学三味線愛好会「三津巴」の演奏なども行われた。

 両チーム共にアウェーで開幕を迎え、A東京のホームアリーナ(駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)初戦は10月9日の新潟アルビレックスBB戦で、SR渋谷のホームアリーナ(青山学院記念館)初戦は10月7日の三遠ネオフェニックス戦。