代々木公園ケヤキ並木・イベント広場で6月2日・3日、環境イベント「エコライフ・フェア2018」が開催される。主催は環境省。(シブヤ経済新聞)

 電気自動車「しまじろうカー」も展示する

 6月の1カ月間を「環境月間」と位置付ける同省は1999年以来、6月5日の「環境の日」前後に同イベントを開いている。今年は、「『気づき』から『行動』へ 〜地球の未来のために〜」をテーマに、展示ブースやステージ、ワークショップなどを展開する。

 出展エリアは、「自然」「地球」「生活」「NPO・NGO」の4つのゾーン、エコカー展示コーナー、復興支援・エコマルシェで構成。小中学生を対象とした地球温暖化の意識啓発アニメ上映、使用済み小型家電を回収し2020年の東京五輪・パラリンピックのメダルをリサイクル金属で作る「みんなのメダルプロジェクト」、「環境フォト・コンテスト」の写真展などを展開。渋谷区は、ゴーヤーの苗や朝顔の種を配布し「緑のカーテン」の作り方のポイントを指南する。エコカーコーナーには、世界に1台しかないという電気自動車「しまじろうカー」も登場する予定。

 「パフォーマンスコーナー」では、朋優学院高等学校アトラクション部オリジナル戦隊ヒーロー「エコレンジャー」のショーや、着流しと中折れ帽の姿でゴミを拾いながらパフォーマンスを行う表現者集団「時代組婆沙羅-BASARA-」の侍演武などを展開。このほか、コーヒー豆かすのたい肥を使ったコーヒーの苗木の植え付け、牛乳パックの小物入れ作りなどのワークショップ、ジビエ肉のバーガー、福島県産野菜や肉のバーベキュー、熊本県産無農薬ショウガを使うフードやドリンクなどを販売するフードエリアなども用意する。

 メインステージでは、5人組バンドHYやボーカルデュオD-51、アイドルグループ「26時のマスカレイド」らのライブや、東京海洋大学名誉博士の「さかなクン」さん、タレント・雛形あきこさん、ロンドン五輪銀メダリストの杉本美香さん、リオ・パラ走り幅跳び銀メダリストの山本篤さんらのトークショー、熊本県のマスコットキャラ「くまモン」のステージなどを予定する。

 開催時間は、2日=11時〜17時、3日=10時〜17時。入場無料。