狂言和泉流宗家「下北沢狂言ライブ」が9月26日、下北沢の「本多劇場」(世田谷区北沢2)で行われる。(下北沢経済新聞)

 【写真】「グッドディスタンス −風吹く街の短篇集− 第三章」

 同劇場グループオーナーである本多一夫さんの次女、真弓さんが企画・製作する舞台「グッドディスタンス −風吹く街の短篇(たんぺん)集− 第三章」で上演される。ライブ配信サービス「ツイキャス」を利用したライブ配信を予定しており、ライブ配信特典として開演前の楽屋からの生中継映像や、上演中に狂言師 和泉元彌さんの母の節子さんと狂言師のコメントを楽しむことができる。

 演目は、元彌さんによる初心者向けの解説「狂言のおはなし」、元彌さんと長男の元聖さんによる狂言「柿山伏」、女性狂言師の和泉淳子さんと三宅藤九郎さん、淳子さんの長男の和秀さんによる狂言「棒縛」、狂言小舞など。

 元彌さんは「こんな時代だけど、見ていただける方が増える!見ていただける機会が増える!と捉え、発信していきます??是非!おじいちゃま、おばあちゃま、お孫さんに手伝って貰ってご視聴下さい!優しいお孫さんよろしくお願いします??そうして、親子孫で狂言を楽しんでいただけたらこんなに嬉しいことはありません」(コメントから一部抜粋、原文ママ)とコメントを寄せる。

 公演の担当者は「和泉流宗家による狂言が下北沢に初上陸する。演劇の聖地、下北沢本多劇場での狂言ライブを劇場や配信でご覧いただければ」と呼び掛ける。

 12時30分開演。チケットは全席指定。料金は前売り=4,500円、当日=5,000円。配信有料チケットは2,000円(手数料100円が別途必要)。