西五反田に「カリフォルニア酒場 Huntington(ハンティントン) Teppan & BAR」(西五反田2、TEL 03-5496-0558)がオープンして1カ月がたった。 (品川経済新聞)

 店長の青島誠悟さんは、アメリカンダイニングバー「Stoves(ストーブス)」(神奈川県横浜市)に6年勤めた後、友人の店舗立ち上げに3年ほど携わっていたという。同店は鉄板焼き店の居抜きで、残されていた鉄板をそのまま活用する。店舗面積は約20坪、席数は31席。

 店名の由来やコンセプトについて、青島さんは「アメリカのカリフォルニア州にあるハンティントンビーチから名付け、内装は青い海と爽やかな風をイメージした。初対面の人とも楽しく話せる、つながりをつくれる社交場にしていきたい」と話す。

 メニューは鉄板を生かし、「九州黒毛和牛イチボステーキ(希少部位)」(2,600円)や「和牛ビーフ100%ハンバーグステーキ」(1,580円)、「季節の新鮮野菜のグリル」(1,200円)などを提供する。

 ドリンクは「サッポロ黒ラベル」(550円)や「サッポロ白穂乃香」(700円)、「名物ハンティントンサワー」「自家製レモンサワー」(以上600円)、「福田農場九州フルーツハイボール」(各550円)、焼酎(500円〜)、日本酒(700円〜)、テキーラ(500円)などをそろえる。客単価は約4,000円。

 「もっと気軽に店に入れるように、ハッピーアワー(17時30分〜19時)を始めた。今後は1人でも頼めるメニューを増やす予定」と青島さん。「面白い人が集まる、いい意味であくの強い店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は17時30分〜翌1時。日曜定休。